まっすぐそばを究める 社長のこだわりブログ

tanifood.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 26日

そばへの想い

私は食べ物に対して関心は人一倍強いほうです・・・・

要するに、美味しい食べ物が大好きです!!

ただ、食事の際に、仕事柄、食べながらも、ついつい分析してしまうクセがあり、
純粋に味わう事が難しいのが、つらいです・・・・


さて、直心庵で使用しているそば粉は国産の石臼挽きです。

挽き方も特にこだわり、とにかく美味しさを最優先で挽いてもらっています。

打ち手の事も頭にあるつもりですが、おいしさの為なら、打ちやすさは
多少辛抱してもらうことすらあります。

自分自身が美味しいものを食べたいものですから、シツコクこだわります。

専務にはいつも無理を言ってます・・・ゴメンね!!


つゆも、ごく厚けずりの、「本枯れ節」をふんだんに使用しています。


このあたりは本当に自慢できる部分で、例えば直心庵でせいろそばを

お召し上がり頂いた後で、そば湯でつゆを薄めて飲んで頂ければ

いかに濃いダシを使っているかを実感していただけるはずです。


また、そばの基本は水です。

年中温度の安定した地下水で麺を茹で、そして麺をさらします。

そのために店のすぐ隣から汲み上げています。


地下の40mまで掘り下げ、粘土層で出来た、水を通さない部分を通り抜け

その下の本当にきれいな、石英の微粒子の層まで届かせました。

その砂は、乾燥させ手の指でこすると「キュッキュッ」と鳴きます。

正しく、”鳴き砂”です。


そんなきれいな砂を通り抜けてきた水は本当に美味しいです!!!

お店に入っていただいて最初にお出しするお冷もこの水を使用しています。

美味しさの為なら手間とコストをいとわない・・・・

違いの判る人には判るはず・・・・

そんなわけで遠く県外からもお客様がお越し頂けるようになりました。

つづく・・・・
[PR]

by tanifood | 2008-02-26 09:53
2008年 02月 08日

直心庵創業への想い

病院を退院してからは、まず自分自身の体調管理が必要です。

以前からお世話になりながら、自分自身は施術してもらわなかった整体の先生を訪問し
お願いしました。

体の歪やゆがみを調整してもらう事で段々と良くなっていきました。

嬉しいものです!!

さて、「そばつながり」、とはいえ飲食業は初めてです・・・・

いまから考えると「無謀」なことにも思えるような事を始めてました。


工場の裏の用地の取得、そして手続き、店舗のレイアウト、厨房の機器類の選定、
什器の選定、メニューの試作、菓子の開発、価格設定、店舗運営システムの構築、・・・・・・・・・・・。

やることはものすごくたくさんあります。

しかし、自分の中の「使命感」のおかげでしょうか、

「体の不自由な方にもおいしいそばを食べて欲しい」
「ご家族連れの方にも気軽に立ち寄って欲しい」
「世の中にそば好きをもっと増やしたい」

ほとんどの事を自分で打ち合わせながら開発し、決定したのですが、何とか完成まで漕ぎ着ける事が出来ました。

これも初代店長や、創業当時にお手伝い頂いた皆様のおかげだと心より感謝しています。

皆に助けられている・・・・・
実感します!!

続く・・・
[PR]

by tanifood | 2008-02-08 14:01