まっすぐそばを究める 社長のこだわりブログ

tanifood.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 09日

そばへの想い 4

そばの原料には、いろんなものが混ざっています。

そばの茎、そばのガク、そばの葉、小石、土、・・・・・

植物だから当然ですね。

これをそのまま挽くと・・・

具合が悪いです。

以前にもお話しましたが、これらの混ざっているもの(夾雑物)を
徹底的に取り除きます。

そうすることにより、初めておいしいそば粉が出来るのです。

この辺を手抜きすると、土っぽい味がしたり違和感を覚えます。

私はとにかく、自分自身が美味しいものを食べたいし、汚いものは
嫌なので、徹底的にきれいにします。

結果的にこれが、品質となり、お客様から信頼を得ているのだと
思います。

これからも、もっともっと、きれいなそば粉にしていきます。
[PR]

# by tanifood | 2008-04-09 16:36
2008年 03月 27日

そばへの想い 3

そばは非常にデリケートです。

倉庫で保管中にも徐々に変化します。

収穫直後薄い緑色の甘皮の部分(表皮を剥いだ時に現れる、
お米で言えば玄米の薄い皮のようなものです)が段々と薄くなって行きます。

ただし、これは保存条件の悪いところ、すなわち、高温多湿で明るい場所に
置いた際に顕著です。

我々は、そばの色合いや風味を出来るだけ損なわないように、原料も
製品も低い温度で保管しています。

そうすることによって、収穫後の虫付きも予防することが出来ます。

お客様にとって安心安全で、美味しいそば粉を提供するということに
愚直に取り組む・・・

決して派手なことではなく、地味な作業ですがこれからも続けます。

より美味しいものを目指して!!

美味しいそばを目指して我々の努力は続きます。
[PR]

# by tanifood | 2008-03-27 15:42
2008年 03月 17日

そばへの想い 2

最近、食品の安全性に対して、ずいぶんと意識が高まって来ましたね。

「食べ物が安全である」という一番大切な基本が、本当にわかって頂けたと思います。

(我々がそば粉製品の安全のためにどれだけ努力しているか・・・・・、もわかって欲しいです!!)

さて、そばは、食品の中でも特に安全な食品だと思っています。


なぜかと申しますと・・・


第1に、そばは、成長時期には非常に虫のつきにくい(食われにくい)植物だからです。
ですから、殺虫剤の必要がありません。

また、ミツバチの働きで受粉しますから、殺虫剤など噴霧しますとそばに実がつかなく
なってしまいます!!


第2にそばは成長がものすごく早いので、除草剤の必要がありません。

どのくらい成長が早いかといいますと、雑草の成長を抑えるために
そばを蒔くくらいなのですから・・・!!

そんなわけで、そばの実の自体の安全性をご理解頂けたと思います。

つづく・・・・
[PR]

# by tanifood | 2008-03-17 13:55
2008年 02月 26日

そばへの想い

私は食べ物に対して関心は人一倍強いほうです・・・・

要するに、美味しい食べ物が大好きです!!

ただ、食事の際に、仕事柄、食べながらも、ついつい分析してしまうクセがあり、
純粋に味わう事が難しいのが、つらいです・・・・


さて、直心庵で使用しているそば粉は国産の石臼挽きです。

挽き方も特にこだわり、とにかく美味しさを最優先で挽いてもらっています。

打ち手の事も頭にあるつもりですが、おいしさの為なら、打ちやすさは
多少辛抱してもらうことすらあります。

自分自身が美味しいものを食べたいものですから、シツコクこだわります。

専務にはいつも無理を言ってます・・・ゴメンね!!


つゆも、ごく厚けずりの、「本枯れ節」をふんだんに使用しています。


このあたりは本当に自慢できる部分で、例えば直心庵でせいろそばを

お召し上がり頂いた後で、そば湯でつゆを薄めて飲んで頂ければ

いかに濃いダシを使っているかを実感していただけるはずです。


また、そばの基本は水です。

年中温度の安定した地下水で麺を茹で、そして麺をさらします。

そのために店のすぐ隣から汲み上げています。


地下の40mまで掘り下げ、粘土層で出来た、水を通さない部分を通り抜け

その下の本当にきれいな、石英の微粒子の層まで届かせました。

その砂は、乾燥させ手の指でこすると「キュッキュッ」と鳴きます。

正しく、”鳴き砂”です。


そんなきれいな砂を通り抜けてきた水は本当に美味しいです!!!

お店に入っていただいて最初にお出しするお冷もこの水を使用しています。

美味しさの為なら手間とコストをいとわない・・・・

違いの判る人には判るはず・・・・

そんなわけで遠く県外からもお客様がお越し頂けるようになりました。

つづく・・・・
[PR]

# by tanifood | 2008-02-26 09:53
2008年 02月 08日

直心庵創業への想い

病院を退院してからは、まず自分自身の体調管理が必要です。

以前からお世話になりながら、自分自身は施術してもらわなかった整体の先生を訪問し
お願いしました。

体の歪やゆがみを調整してもらう事で段々と良くなっていきました。

嬉しいものです!!

さて、「そばつながり」、とはいえ飲食業は初めてです・・・・

いまから考えると「無謀」なことにも思えるような事を始めてました。


工場の裏の用地の取得、そして手続き、店舗のレイアウト、厨房の機器類の選定、
什器の選定、メニューの試作、菓子の開発、価格設定、店舗運営システムの構築、・・・・・・・・・・・。

やることはものすごくたくさんあります。

しかし、自分の中の「使命感」のおかげでしょうか、

「体の不自由な方にもおいしいそばを食べて欲しい」
「ご家族連れの方にも気軽に立ち寄って欲しい」
「世の中にそば好きをもっと増やしたい」

ほとんどの事を自分で打ち合わせながら開発し、決定したのですが、何とか完成まで漕ぎ着ける事が出来ました。

これも初代店長や、創業当時にお手伝い頂いた皆様のおかげだと心より感謝しています。

皆に助けられている・・・・・
実感します!!

続く・・・
[PR]

# by tanifood | 2008-02-08 14:01